生い立ち➀(幼少期から学生時代まで)

入園前

秋田県の田んぼに囲まれた平野部で生まれ育つ。

小さい頃は、犬・インコ・文鳥・カメなどと一緒の生活。

3歳~5歳ぐらいのとき、動物園で初めての迷子になる。

母ちゃんだと思って握った手が、違うお母さんで驚いて号泣した覚えがある。

動物園からの帰り道で立ち寄った飲食店で、テーブル上で周回して流れるそうめんを食べた。

保育園時代

6歳時、保育園へ行くのがかなりイヤだった。

「入園式」と書かれた看板の横で母ちゃんと記念撮影をしているが、顔は大泣きしたあと、左手にはハンカチを握りしめていた。

保育園の給食が口に合わず、私だけ特別に母ちゃん手作りの弁当だった。(ごはんの上にスクランブルエッグをのせた弁当)

小学生時代

小学1年時、たし算をマジメに勉強せず、今でも6~9までの数字を使ったたし算が苦手。

小学2年時、阪神タイガースとブルース・リーのファンになる。

同じころ、テレビでアメリカの大学バスケやNBAの試合を見てバスケにハマる。

小学3年時、カンフー映画にハマり、真剣に中国の少林寺で修行したくて両親にお願いしたら「おめ、中国語しゃべれねべ!」と母ちゃんに一喝され断念する。

同じころ、学校から帰宅後たまたま放送していた海外サッカーの試合を紹介する番組を見ていた。(ノッティンガム・フォレストVSエバートン)

ゴール後に選手と観客が狂喜乱舞する光景を見て鳥肌が立ち衝撃を受けて、それ以降どっぷりサッカーにハマる。

しかし、当時の田舎ではサッカーの人気がなく、スポ少もクラブもなかった。

小学4年時、近所の友達みんなが「柔道スポ少」へ通っていたため、自分も柔道を始める。

その後、学校の心電図検査で「心室性期外収縮」という心臓病が診断される。

小学5年時、念願のバスケスポ少に入団するが、心臓病のためドクターストップで退団する。

この頃、庭に迷いこんできた子猫をウチで飼うようになる。

オスで名前は「チャコ」。(19年も長生きした)

小学6年時、また柔道スポ少へ入団。いま気づいたが、バスケはダメで柔道は良かったのか。

中学生時代

中学へ入学し、部活もそのまま柔道部へ。

中学1年時、秋の新人戦大会で個人の軽量級(当時クラス分けは軽量級・中量級・重量級)に出場。

運の良さで初戦はシード。そして、出場者が少なかったため、いきなり準々決勝を向かえる。

さらに運は続く。準々決勝の相手は強豪校の選手で、「こりゃ負けるな」と覚悟をしていたが、なんと直前の練習中に負傷して出場を辞退。(その選手は2年後、地域大会で優勝し全県大会へ出場する。)

不戦勝で、誰とも対戦せずに準決勝進出と第3位が確定する。(3位決定戦なし)

準決勝の相手は私より実力が劣る同じ学校の友達で、背負い投げでかんたんに技ありを取り、袈裟固めで抑え込み合わせ技で1本を取った。

決勝の相手はもう一つの強豪校の選手で、長身のやせ型で背負いやすそうなタイプ。

人生初の決勝の舞台は、多くの観客に圧倒され緊張し、対戦相手以外は真っ白な世界。

相手と組んだ途端、すぐに背負い投げへ入ろうと思ったが、ものすごいチカラで引き寄せられる。

「すげ~チカラ!」と思った瞬間に足払いをくらい、いとも簡単に倒れる。

いま思うと、緊張してたのを見透かされていたのかな?

倒れた場所は赤畳の上で、もう少しで自分の体が場外へ出る位置。

場外に逃れようと、今まで出したこともないチカラを発揮して”自分の体のみ”やっと出した。

ところが、先生・友達・父兄のみんなから「相手の体も出ないと技が解けないんだよ!」と言われ、そのとき初めて寝技のルールを知る。

慌てて相手を引っぱり出そうとするが、長身の選手だけに脚が長くチカラも残っていなかった。

惜しくも準優勝で終わったが、運の良さを考えれば上出来だろう。

後日、学校の全校集会で改めて表彰式が行われ、壇上から下りるときに先輩たちの「あいつ強かったんだなぁ」という会話が聞こえてきて誇らしかった。(内心は「くじ運が良かっただけなんすけど」と思ってた)

中学2年時、またドクターストップが掛かりマネージャーになる。

同じころ、80年代の洋楽とヘヴィメタルにハマる。

洋楽は友達からの影響で、ヘヴィメタルは兄の影響から。

中学3年時、高校の進路先を地域のサッカー強豪校に決める。

小学生のころから学校の掃除だけはマジメにやっていたが、そのことがついに吉と出る!

ある日、たまたま校長室の掃除当番でいつも通りマジメにやっていると、「推薦入学を受けてみないか?」と教育指導の先生からラッキーなお誘いの話が舞い込んできた。

学力がなかっただけに迷わず「受けます!」と即答。

面接の練習を毎日入念に繰り返して、見事に地元の工業高校(工業化学科)へ推薦で合格する。

高校生時代

専門学生時代

コメント

error: このコンテンツは保護されています。ご不便をおかけして申し訳ございません。(This content is protected. We apologize for the inconvenience.)
タイトルとURLをコピーしました